FXは主婦にもオススメ

 FX(外国為替証拠金取引)は、少資金で始められるリスクの少ない資金運用です。
 10万円程度ではじめられるのですから、主婦の副業としてもオススメです。


 とはいえ、生活のためにやるのはおススメできません。
 生活がかかると、どうしても強引に利益を出しに良く必要にかられ、リスクのある取引になりがちだからです。

 とりあえず、半年から1年後にいくらくらいのお金を貯めるとか、欲しかったブランド靴や洋服を買うとか、目標を定めてチャレンジしてみましょう。

 FX初心者なら情報量が多いドルかユーロが良いでしょう。

 専業主婦であれば、家事の合間など時間に拘束されることが少ないので、あっという間にベテランになることもあるようです。

 FXの魅力のひとつとして手数料が安いということが挙げられます。
 ここでいう手数料とは円と外貨の両替手数料のことです。
 例えば円をドルにすると、1ドルあたりの往復手数料は外貨預金で2円、外貨MMFで1円に対し、FXでは無料~20銭と非常に低額です。
 つまり1万ドル(約100万円)を動かしても、二千円程度の手数料です。10万円程度の取引なら、二百円ですね。
1回1回の取引の手数料が高いと、取引するのにためらいがありますが、FXではチャンスと思ったら気軽に取引が行えます。

 主婦の方もぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

手持ちの資産を安全に運用するには

 2007年問題と言われてきた、団塊世代の大量リタイヤということもあり、現在退職金の有効運用を考えている人は多いと思います。

 子供がまだ独立していない場合、学費および養育費、またマイホームのローン返済等の使途もあるでしょう。
 しかし、ダブついている資産を漫然と定期預金にし、老後の蓄えにしているのは、少々不安ではないでしょうか。

 執筆時現在、原油価格は高騰し、急激なドル高となり、物価はジワリジワリと上がって来ました。


 このような先が見えにくい時代、資産を安全に保管するという資産保全の観点から見ても、資産は一箇所にまとめず分散し、かつ日本円以外の複数の外貨建て資産で保有しておくことは、もはや必須なのかもしれません。

 もし、退職金を含めた資産が3千万円あるとして、ペイオフを考慮して、例えば、円で1千万円、高金利のオーストラリアドルに1千万円分、手堅い安定を求めてユーロで1千万円という風に分散しておけば、万が一日本経済が今後ますます崩壊していっても、資産のすべての価値が下がるといった事態にはなりにくくなります。


 さて、外貨に分散するにはどうしたらよいでしょうか。
 簡単に出来るのが、外貨預金やFXでの資産運用です。
 特にFXなら初心者でもすぐ始められ、取引手数料も相当低いことが魅力です。


 FXの場合は利子(スワップポイント)がつくので、それほど夢中になって運用しなくても、日々相場をチェックしていて、相場変動が激しくなって来たら、売り買いの取引を始めればよいのです。

 初めは資産の一部を、低レバレッジで運用し、FX初心者を卒業して慣れて来たら、徐々に取り扱い金額を増やして行きましょう。

 まだリタイヤに程遠い若い人も、昨今の年金問題を見たら分かるとおり、自分の年金がまともに支給されることはもはや期待できない状況です。
 ぜひ、若いうちからFXで「安全な範囲で」資金を運用して、老後に備えるべきです。

魅力的な外国の利息をFXで

 日本の無茶苦茶な低金利に比べると、ほとんどの外国通貨の金利は魅力的です。

 しかし以前は、外貨預金でしかその恩恵は受けることがきでませんでした。
 普通の外貨預金でも利息が断然有利で、為替差益と合わせて、1年でちょっとした副収入が出て来た人も多いです。
 しかし、外貨預金は金融機関に支払う手数料がかなり割高で、場合によっては魅力的だった利息のほどんどが手数料と相殺されてしまうという、笑えない状況にもなりかねませんでした。


 FX(外国為替証拠金取引)は外貨預金や外貨MMFと同じように利息(のようなもの)が発生します。


 FXで利息に相当するものは「スワップポイント」と呼ばれています。
 スワップポイントの率も、普通の外国通貨と同じく通貨によって様々ですが、年利5%くらいいく通貨も結構あります。
 利息5%の銀行預金なんて、今の日本の銀行では考えられないですよね。
 だから、FX初心者でもまったく欲をかかず(レバレッジをかけず)、スワップポイントを複利で運用することに徹底すれば、長期的には結構な資産になるはずです。


 ちなみに、銀行の利息なんかは1年ごとに支払われる場合が多いと思いますが、スワップポイントは毎日支払われます。
 さらに、レバレッジをかけて、自己資金より多くの金額に対してスワップポイントを稼ぐことも出来ます。
 レバレッジの詳細はについては、別の機会に説明しますが、ようは10万円の証拠金で20万円分の外貨を買う、といったものです。
 レバレッジを2倍にすると、利益も2倍ですが、損をする場合も2倍になります。


 スワップポイントに話を戻しますが、10万円の元資金に対して、10倍のレバレッジをかけて取引をすると、100万円の外貨を購入でき、この外貨のスワップが5%だったとすると、年間5万円のスワップポイントがつくことになります。
元の資金10万円に対しての5万円ですから、実質的には年利50%ということになります。


 もちろん10倍というレバレッジは、年間を通してポジションを持ち続けるにはリスクが高すぎますが、こうした取引も可能であるということは、FXの有利な点の一つと言えるでしょう。
 スワップポイントを狙って長期間保有し続けるなら、レバレッジは2~3倍でやめておくのがセオリーです。


 FX初心者は最初はレバレッジをかけず、あるいは低いレバレッジで取引し、実力がついてから自分の許容リスクを見極めて、次第に上げて行く方が良いでしょう。

FXってハイリスク?ローリスク?

 FX(外国為替証拠金取引)は株取引と比べると、初心者にとってラクな点がたくさんあります。
 だから敷居が低くなり、昨今ブームとなっているわけです。


 さて、投資につきものなのはリスクです。
 FXは株と比べてリスクは高いのでしょうか。低いのでしょうか。


 基本的にFXはローリスクです。


 株の場合は、企業の業績が基本となり株価が変動します。
 したがって不祥事を初めとする様々な外的、内的要因で、保有株が一夜にして大暴落し大損したり、ヘタをすると会社が倒産して株がただの紙切れになってしまうことさえあります。

 それに対して、FXは外貨の為替取引ですので、もちろん為替相場の下落はしますが、株の大暴落のような激しい暴落はないし、まさかEUやアメリカが一夜にして破綻してしまうなんて、現実的にあり得ないことですね。

 つまり株に比べてローリスク・ローリターンなのです。FX初心者でも安心して取引が出来ます。
 気をつけなければいけないのが、FXは自分の意思でリスクを上げる事ができるということです。
 大きく儲けたければ、大きなリスクを背負えばいいのです。
 しかし、これではギャンブルとなってしまいますので、本来やるべきではありません。(特に初心者は)
 ハイリスクであればハイリターンなのは一般論ですが、ハイリスクを引き受けるだけの経済基盤がないのであれば、リスクは出来る限り低く抑えるべきです。


 個人投資家がやるのは「ギャンブル」ではなくて「資産運用」です。
 銀行に預けたら0.01%の利息であるから、FXで運用して5%(0.01%の貯金の500倍利回りが良い)の利益を上げよう、という地道な発想で行くべきなのです。


 そうして増やした資金の中で出来た本当の意味での余裕資金(それがゼロになってもそれほど痛くない資金)があるのであれば、その中でギャンブル的な運用で腕を磨いてみてもいいかもしれません。


 世の中の「FXで資金を全部なくした!凄いリスキーな運用方法だ!」と言っている人は、ほとんど全てといっていいかもしれませんが、自分の資金力をはるかに超えたリスク(レバレッジ)をかけていたはずです。
 自制し、欲に目をくらまさず、1月で10倍になった!なんて声に誘惑されず、手堅い運用を行っていけば、FXはローリスクな運用方法です。


 ローリスク運用で一番気をつけるのが、FX取引事業者です。
 自分が契約した業者が破綻した!というリスクは非常に怖いですから気をつけましょう。


 この辺はまた別途書きます。

FXの魅力

 FXって最近良く聞いて気になってるんだけど、いったいナニ!?
 という方に、FXについてとその魅力を簡単に紹介しましょう。

 FXとは、日本語でいうと「外国為替証拠金取引」と呼ばれる資産運用方法です。

 ごく簡単にいうと、外貨預金のような外貨取引が小資金かつ超低手数料で出来、しかも手持ちの資金を超えた運用もできる。というものです。

 日本の銀行の金利は、ほぼゼロに近いですよね。
 でも例えばイギリスなんかでは、最近金利が下がってきたとはいえ、まだ5%近い利息がつくんですよ。
 で、あれば自分のお金を預金するなら日本の銀行よりイギリスなり高金利の国の銀行に預けたくなるというものです。FXでは、そのような望みが簡単に叶えられます。

また、為替の変動による利益も期待できます。
1ドル100円の時に10万円分ドルを買って、1ドル120円のときに売ったら12万円で、2万の利益が出ます。しかも買ってから売るまでの間の金利(のようなスワップポイントと呼ばれるもの)も付いてくるのです。

 さて、ここではFX入門ということで、FX初心者向けに株取引との違いなどからその魅力について紹介したいと思います。

まず、FXは小額の投資で簡単に始められるということが挙げられます。
株取引だと自己資金として最低でも数十万円は必要ですが、しかし、FXでは1万円から始めることができる場合があります。(一般には10万円くらいからです)

 すなわち少ない資金で大きな取引ができるということで、資金運用の入門としては、株より手軽かつ簡単で、外貨預金よりは大きく儲けることができるのです。

 また、FXは週末などを除く24時間いつでも取引が出来るということが挙げられます。
 外貨取引は全世界で行われているため、例えば東京の市場が終わる頃にはロンドン市場が始まって、夜にはニューヨーク市場が始まって・・・という具合に途切れることなく、世界のどこかの市場が取引をしているからです。
もちろんFXの参加者はそれらの市場を意識しなくても、契約したFX業者のシステムから均一的に取引ができます。

日本の株の場合は取引時間が9時から15時までと決まっていて、日中働いているサラリーマンにとっては副業としてやるのは少し難しいですよね。
勤務時間中に会社のパソコンから株の相場を見ていてクビになったなどという悲劇的な話も聞きます。

 FXの場合には、相場が大きく動くのは海外の市場が開く日本時間の夕刻からと言われており、これだったらFX初心者サラリーマンでも、勤務が終了して帰宅後、相場をチェックして売り買いが出来ますね。

 株との違いをもうひとつ挙げると、取引銘柄がほぼ決まっているので楽だということです。
株の場合は膨大な株式会社の情報を吟味し、「これは!」という銘柄を選定するのですが、FXでは
円、米ドル、ユーロ、ポンドなど2~5通貨を意識すれば大体事足りて、多くても10通貨も分析すれば十分だといえます。

 FX初心者はわざわざ情報が少なくリスキーなマイナー通貨に手を出す必要はなく、ドルやユーロといったメジャーで情報も多い通貨を選ぶとより安心できます。

 FXは初心者にも手軽に参加できるようになっていて、簡単に取引を開始することが出来ます。
 気をつけなくてはいけないのが、リスク管理です。この辺はまた別のトピックで説明します。

 ここではあくまでFXの魅力をご紹介するにとどめていますので、実際にやってみようという人は、リスクの面も(リスクの面こそ)よく検討してからはじめましょう。

資金10万円をわずか2ヵ月半で700万円に

驚愕のトレード法を遂に大公開!これぞ唯一、貧乏人がお金に働かせてお金を稼ぐ方法!

infosmile.jp

最短6分で月収分を稼ぐ

知識不要。ストレスほとんど無し。勝率83.4%を叩きだす初心者向け手法!!

sugowaza-fx-2nd.com

裁量の余地なし!システムトレード

2005年1月~2008年2月で597000%の衝撃の利益率!裁量の余地はまったくありません

www.fx-marine.com

最強を自負するFXツール

驚異の勝率と利益率を誇る最強のFXツール。スタイルに合わせて日単位、週単位、月単位が選べる!

www.fx-max.net